ZEHではじめるゼロ・エネ生活

経済産業省が推進するZEHをご存知ですか?

ZEHは「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略称。
太陽光発電などによるエネルギーを作り出す量と年間の一次消費エネルギー量(空調・照明など)の収支がプラスマイナスゼロになる住宅を意味しています。

つまり「使う電力」が「創る電力」よりも少ない住まいのことを指しています。
ZEH住宅として認められるためには、経済産業省の設定した細かいガイドラインに沿って、建築をすることが必要になります。

ZEHはこれからのスタンダードへ

経済産業省の「エネルギー基本計画」では、2020年までに標準的な新築住宅を「ZEH」とすることを目指し、2030年までに新築住宅の平均でゼロ・エネルギー化の実現を目指す計画となっています。
これにより、普及推進を目的としたZEH支援事業もスタートし、ますますZEHが今後の新築住宅のスタンダードになっていくことが予想されます。

家計にうれしく、地球環境に優しいZEHをラルゴハウスも推奨

ラルゴハウスでは、環境に配慮できるうえ、光熱費も軽減されるZEH住宅を積極的に推奨しています。
現在、ファミリアエテルナ5号棟でZEH住宅を実現しました。
家計にも地球環境にも優しいラルゴハウスのZEH住宅をぜひ一度体験してみませんか?

お問い合わせはこちら

ラルゴハウスはZEH住宅普及を応援します。

平成28年度
実績
平成29年度
目標
平成30年度
目標
平成31年度
目標
平成32年度
目標

ZEH住宅
目標施工数
(%)

8% 20% 30% 40% 50%