2018年3月6日

おしゃれ?シンプル? マイホームの外観を決めるポイントは?

夢のマイホーム。新しい家を建てるなら、自分の希望をたくさん叶えたい!と思いますよね。内装や間取りも大切ですが、忘れてはいけないのが家の外観のこと。でも何をポイントに考えたらいいの?どんなことに気をつけたらいいの?と疑問もたくさん出てくると思います。
家の外観は「家の形」「窓の位置」「色と素材」の3要素によってイメージが決まります。そこで、マイホームの外観を決める際のポイントや注意点をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

家の形はどうする?

まず、「どんな形の家を建てるのか」というところで外観は大きく変わってきます。家の形は土地の形状や間取りによっても変わってくるものですが、ご自身が持つ希望やイメージを十分に考えてみましょう。
ここで注意したいのが、間取りばかりを気にしていると家の形が思っていた以上に複雑になってしまったり、また外観ばかりを気にしていると、思い描いていた間取りにならなかったり…ということがあります。
外観・間取りについて両方をバランスよく考えることで、希望のマイホームを建てることに近づいてきます。

窓の位置はどうする?

次にポイントとなってくるのが「窓の位置」です。窓の形や大きさなども外観に大きな影響を与える要素の1つですが、気をつけたいのは日当りや風通しの善し悪しについて。
窓は日の光を家の中に取り込むのに重要な役割を果たします。日が当たってポカポカと明るい部屋を作りたい場合は、日光のよく当たる場所に大きな窓を配置しましょう。また、家の中に風の通り道があるかどうかも快適な住まい作りには欠かせないポイントです。そういったことも考慮しならが、家全体の窓の配置を考えていきましょう。
窓にも様々なデザインや材質があるので、間取りや外観のデザインもぴったりくるよう、こだわってみてはいかがでしょうか?

外壁の色や素材はどうする?

外壁の色や素材もマイホームの印象を決める大事な要素です。自分が建てる家だから自分の好きな色にしたい!と思っても、近隣の家との調和やバランスも大切にしなければいけません。
人気がある色は、光を反射して明るい印象になる白やベージュといった色ですが汚れが目立つという点もあります。また、暗い色はシックで高級感のあるイメージになりますが、熱を吸収するので外壁が熱くなってしまう場合も。
新築のときはキレイな外壁も年数が経つと色が変わってきてしまうことも考えられるので、将来どんな風になるのか・メンテナンスが必要かなども考慮して決めていくといいでしょう。
外壁の素材も様々です。自分の好みや費用、メンテナンスの頻度など将来のこともしっかり考えることが大切です。

迷ったときはプロに相談!

マイホームの外観は家の印象や周りとの調和を大事にすることももちろんですが、自分の思いもしっかり叶えたいもの。いろんなプランを考えすぎて迷ったときは、デザイナーや施工会社といったプロに相談してみてください。プロの知識やノウハウを活かした提案をしてくれます。
プロの力も借りながら、今回ご紹介した外観選びのポイントや注意点にも気をつけて自分好みのマイホームを建てましょう!