2018年3月5日

後悔しない不動産の選び方は【理想の生活】を思い描くことから

マイホームを建てたい!と思ったら、どんなことから決めていけばいいのでしょう?
「暖かい日差しがたくさん差し込む家がいい」「家族の顔がいつでもみられるような、コミュニケーションを大事にできる家にしたい」など、想いがどんどん膨らみますね。
マイホームは大きな買い物。家の間取りや外観などを決めていくのも大事ですが、「どんな場所でどんな生活をしていきたいのか」といった、生活面での希望もしっかり考えていきましょう。

まずは【理想の生活】を書き出してみる

家を建てるには、まずは「どこに」建てるかを決めなくてはいけません。
そのときにしっかり考えたいのが自分の思い描く【理想の生活】についてです。
家の間取りや外観・内装ばかりを考えがちですが、

○できるだけ駅から近い場所がいい
○通勤は1時間以内にしたい
○子どもの学校が近くにある方がいい
○スーパーや商店街など買い物が便利なところがいい
○緑が多くて公園が近くにある場所がいい

など、たくさんの希望を書き出してみましょう。
そこから家族で相談して「これは絶対に叶えたい!」というものから優先順位をつけていきましょう。

実際の場所を見に行くときは…

理想の生活の条件がどんどん絞り込めてきたら、インターネットなどを上手に利用して不動産の情報をいろいろ集めましょう。不動産会社にお願いして希望の土地を探してもらうと、実際の希望に合った不動産をいろいろと紹介してくれます。その場合は事前にまとめた希望をしっかりと伝えるようにしましょう。
「ここ!」という場所を見つけたら実際に見に行ってみましょう。その際に気をつけたいのが「何度も足を運ぶ」ということ。日中の周辺環境の確認はもちろんですが、夜は?平日・休日で違うの?時間帯が違うとどうなの?というところをそれぞれ確認することも大切です。天気が悪い日にもぜひ足を運んでみてください。理想の家を建てることは大事ですが、周辺の環境も家を建てたあとの生活に大きく影響します。実際にそこで生活したら…ということを考えながら、周辺を自分で歩いて確認してみてくださいね。

情報収集と確認作業をしっかりと!

しっかりと調べたつもりでも、実際に生活をはじめてみると予想していなかったこともいろいろと出てくるでしょう。インターネット上からたくさんの情報を得ることも大事ですが、検索した情報などをそのまま信じるのではなく、不動産の周辺を自分の足で歩いてみたり施設やお店などを利用してみたり…と、自分の目と足で確かめていきましょう。また、信頼できる不動産会社の担当者に確認・相談してみるのも1つの手です。
「こんなはずじゃ…」と後悔する前に、情報を集めてしっかりと自分自身で確認するようにしていきましょう。