スタッフブログ

上棟を間近で勉強!!

先週末の上棟式を営業スタッフ全員で、間近で見てきました(≧∀≦)

生粋の職人さん達の匠の技を目で見て肌で感じて、直接説明もしてくださってとても勉強になりました!!

 

 

「上棟(じょうとう)」とは、お家の骨組みとなる柱や梁をクレーンや大きな木槌を使って大工さん達が組み上げていき、屋根の一番高いところの梁まで組み上げる工程で、「棟上げ(むねあげ)」や「建方(たてかた)」「建前(たてまえ)とも呼ばれます。

ラルゴハウスの柱と梁はピン工法という工法で強靭に組み上げていきます。

単純に木と木が繋がっているのではなく、金属の板とピンで連結しているので地震や台風などの災害にも強いんです!

実際に上棟途中の梁に乗っている職人さんも「一般的な在来工法とは建ててる途中でも揺れ方が全然ちがう。」と仰ってました。

他にも床板の張り方や多くのことを教えていただきましたが、長くなるのでまたの機会に掲載したいと思います(^-^;

 

今回は緊張感がある現場でしたが、職人さん達は我々営業スタッフを邪険にするでもなく、とても親切に説明してくださいました。こんなアットホームな現場は他にないと思います!